【春菊】株元に卵の殻をまく

2019年10月14日㈪ 晴れ
最高気温 19℃ 最低気温9℃

スポンサーリンク

春菊に卵の殻

苗が小さいうちは、ネキリムシにやられるので、その対策として卵の殻を株元にまくといい・・・というのを聞きました。

春菊

先日、春菊の苗が倒されたので、さっそく卵の殻を株の周囲に撒いたところ。

茎をかじろうと土の中から顔を出したネキリムシに、卵の殻のチクチク攻撃というわけです。
効果があるかどうかはわからないけれど、とりあえず物理的攻撃で被害が防げるのなら、いうことありません。

 

春菊

春菊の株間があいているのは、ネキリムシが間引いてくれたから。

だけど隣の列の春菊は、卵の殻が足りずにそのまま。
なので、卵の殻の有無によってちがいがあるかどうか、見ていきたいと思っています。

 

大根

そうそう。
大根の株元に撒いた卵の殻は、とりあえずネキリムシを防御してくれているようです。

3株隣のところでは、やはりネキリムシにかじられて大根の種をまきなおしたのですが、卵の殻は敷いていなかったら、やっと芽を出した大根も再度ネキリムシにかじられていました。

卵の殻に乞うご期待!

コメント

タイトルとURLをコピーしました