【ズッキーニ】雄花の役目を果たせず

スポンサーリンク
2020年6月4日(木) 晴れ
最高気温 27℃ 最低気温15℃

スポンサーリンク

ズッキーニの雄花が咲く

2日前、ズッキーニの雌花を摘花したばかりでしたが、今日はズッキーニの雄花が咲きました。

2020年6月4日

残念だなー。
受粉する相手がいなくて残念だなー。

 

2020年6月4日

でも、これからズッキーニは嫌と言うほど収穫できると思うので、お花の鑑賞だけで終わりにしましょう。

 

2020年6月4日

しかし。

その後に待機している花をみたら、9本中8本が雄花。
雌花争奪戦になりそう。
果たしてタイミングが合う雄花はあるんだろうか。

 

2020年6月4日

種から育てた2本のズッキーニも、順調に大きくなってきたので、こちらの花ともタイミングが合うといいな。

 

コメント

  1. りとるるびー より:

    リン酸肥料追加してますか?
    あるいは果菜用の肥料を使うとか
    実物にはリン肥料は必須アイテムですよ。
    これから梅雨に入ると日照不足になりますね。
    そうすると、更にリン酸不足が響くかもしれません。
    ウリ科は雌花が少なくなり、下手をすると全く咲かなくなることもあります。
    私は育苗中実物野菜には花の肥料(マグアンプ)を使います。
    反則技?
    お陰で雄花か少なすぎる。
    リン酸過多も良くないらしいので、上手に使ってくださいね。

    • そらはな より:

      りとるるびーさんへ♪
      なるほど!追肥ですね。
      雄花と雌花の数も、肥料によってちがってくるものだなんて、知りませんでした。
      ズッキーニの勝手だと思っていたけれど、肥料によって変わってくるのですね。
      さっそく本日、追肥しました。
      今後に期待!
      ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました