【オクラ】ムチンをコナジラミだと思っていた

2020年6月13日(土) 晴れ
最高気温 26℃ 最低気温18℃

スポンサーリンク

オクラの生育

3日前のオクラです。

2020年6月10日

なぜにオクラの双葉が本葉よりも大きく伸びているのだ?という疑問が生じましたが・・・。

 

2020年6月13日

その後、あっという間に本葉の背丈が伸び、双葉はその陰にかくれてしまいました。

もしかして、オクラは成長過程で双葉のほうが本葉を超える時期があるのか?
それはわずか1日の出来事なので、見落としているのか?

もし、そうだとしたら、オクラのレアな姿をみることができたのかもしれません。(独自の見解なので信じないでください)

スポンサーリンク

オクラの白いつぶつぶ

だとしたら、野菜を育てるのって観察がとっても大事だなって、本当にそう思います。

だって、昨年の私は、オクラの葉っぱの裏側の白いつぶつぶを、コナジラミだと思っていたのですから!

2020年6月23日

この白いつぶつぶは、オクラ特有のムチンと呼ばれるもので、ネバネバ成分のもととなるもの。

なのに私は、大事なムチンをコナジラミだと思って払いのけていましたよ~。

そのせいかどうかわかりませんが、昨年のオクラはそこそこ実がついたけれど、うれしい悲鳴を上げるほど次々に収穫・・・とはいかなかったもんなぁ・・・。

 

2020年6月13日

さて、今年のオクラの葉裏にも、美しい白い粒がついています。

まるくてきれいなムチン!

コナジラミだと思っていた時は、気持ち悪いとしか思えなくて、これがムチンだとわかれば美しく見えるから、人間の心理状態っていかに曖昧で不確かなものか、よくわかります。

2020年6月13日

よく見れば、オクラの茎にまでムチンがついている!
かわいいな。

 

2020年6月13日

観察と正しい知識って大事ですね。

秋田では日中の気温もだいぶ上がってきたけれど、オクラはもう少し苗キャップをかぶせて保温で育てます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました