【ズッキーニ】一番花は摘花しない理由

スポンサーリンク
2020年6月13日(土) 晴れ
最高気温 26℃ 最低気温18℃

スポンサーリンク

ズッキーニの一番花は取らない

種から育てたズッキーニの雌花が咲きました。

2020年6月13日

ズッキーニの一番花を摘花したほうがいいというのは、まだ苗が小さいうちにズッキーニの実をつけてしまうことで、苗が体力を消費してしまうから。

しかし、今回は摘花しません

 

2020年6月13日

なぜなら、めちゃくちゃ株がでかくなったから。

 

2020年6月13日

株元に、気持ち悪いくらい雌花と雄花と葉っぱが乱立しているから。

先日、肥料を与えたせいか?
でも、ほんの一握りしか与えていないというのに、この成長ぶりはなんなんでしょ。

これで第一花をとってしまったら、暴れズッキーニになってしまうよね?きっと。

ただでさえズッキーニはどんどん伸びていくんだから、暴れてしまったら困ります。

という懸念から、第一花にもしっかり受粉することにしました。

スポンサーリンク

ズッキーニ受粉

ラッキーなことに、苗から育てたズッキーニの雄花がタイミングよく咲きましたので、こちらを拝借。

2020年6月13日

こちらにも雌花が咲いていますから、ひとつの雄花で2つの雌花に受粉させます。

 

2020年6月13日

受粉、完了です。

 

ところで、先日受粉させたズッキーニですが・・・。

2020年6月13日

受粉から4日経っても、全然大きくなっていません。

これは受粉失敗ですねぇ。

前日咲いた雄花では、受粉できなかったということかぁ。
雄花も、やっぱり新鮮じゃなければだめなんですね。

またひとつ勉強になりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました