スポンサーリンク

【枝豆】種の採取と撤収

2022年9月11日㈰ 晴れ
最高気温 28℃ 最低気温19℃

枝豆の種を採る

枝豆の収穫後、放置していた枝葉。

残っている枝豆を、あわよくば乾燥させて大豆にして、来年の種にしたいと考えておりました。

大豆収穫

まだ緑色のサヤが多い中、茶色く乾燥しているものがあったので、試しに採ってみることにしました。

 

サヤを振るとカラカラと音がするので、これは期待できそうです。

 

開けてみると、ちゃんと大豆になっていました。
ひゃーっ、うれしい。

 

しかし、きれいな大豆は限られていて、多くは形がイビツだったり、小さかったり、色が変だったり。

それもそのはず。
枝豆のあちこちには、変な虫がついていたからです。

最初、なんの虫かわからなかったのですが、調べてみたらホソヘリカメムシということが判明。

カメムシって、六角形の形だけじゃないんですねー。

大豆を採る場合は、最後まで農薬を散布したほうがいいのかなぁ?

いずれにせよ、自家採取の大豆がうまく発芽するかどうかはわからないので、来年は実験的に種まきをしたほうがよさそうです。

 

というわけで、枝豆すべて撤収しました。

家庭菜園の野菜が少しずつ終わっていきますが、ポタジェガーデンとしてお花を植えているので寂しくありません。

コメント

  1. 青い蛙 より:

    大豆種子収獲おめでとうございます。
    枯れるまで置いておくと綺麗な種子が取れますね。
    うちは少し早めに刈り取って木ごと乾燥していますから、
    いびつなものが多くなります。
    大豆は発芽率が良いので大丈夫だと思いますよ。

    • そらはな より:

      青い蛙さんへ♪
      なるほど!
      刈り取って乾燥させるという方法もあるんですね。
      そのほうが、害虫のことも考えなくてもいいから良さそうな気がします。
      自家採取した大豆からは、どんな枝豆ができるのかなぁ?
      来年が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました