【とうもろこし】透明マルチで6日め発芽

スポンサーリンク
2021年5月9日㈰ 雨のち晴れ
最高気温 16℃ 最低気温10℃

スポンサーリンク

とうもろこし発芽

昨年より2週間ほど早くトウモロコシの種を蒔きました。

なので、地温を上げるため畝全体を透明マルチで覆いました。

 


▲昨年のとうもろこしの発芽の様子(2020年5月24日)

ちなみに、昨年は黒マルチを敷き、種を蒔いた部分は不織布のべた掛け。
その状態で発芽まで7日かかりました。

 


▲とうもろこし6日目で発芽

今年、発芽までかかった日数は6日。
2週間も早く種を蒔いた割には、1日早く発芽したのですから、やはり透明マルチのおかげでしょう。

 

発芽したので、透明マルチは十字に切れ込みを入れて、芽が出やすいようにしました。
鳥に食べられなきゃいいな。

コメント

  1. 青い蛙 より:

    やはり透明なトンネルは温度が上がりやすいので
    発芽が早いようですね。
    芽が出てしまえば鳥は大丈夫だと思っていますが
    もう少し大きくなるまで保温した方が早く大きくなりそうですね。

    • そらはな より:

      青い蛙さんへ♪
      こちらは透明マルチで調度よいのかもしれません。
      暑くなったら透明マルチも剥がしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました