【大根】期限切れの種を蒔く

スポンサーリンク
2022年4月26日㈫ 曇り
最高気温 23℃ 最低気温13℃

スポンサーリンク

大根種まき

春大根の種を蒔きました。

畝は牛糞をすき込み作っていたのですが、再度植穴の部分を30cm以上掘り下げました。

 

ここは、昨年まで何も植えていなかった場所なので、土がとっても固く下層は赤土になっています。

 

掘った穴に化成肥料を入れ、土をふるいにかけて穴を埋め戻しました。

 

種は春大根「春の都」。

 

実はこの種、昨年の春に使ったものなので、有効期限が切れています。
ダメ元で使ってみることにしました。

 

が、発芽率は悪いと思われるので一穴に10粒くらいの種を蒔きました。

 

水をたっぷり撒いて、透明マルチで覆って、種まき完了です。

 

さらに昨年までは、不織布のトンネル掛けをしていたのですが、今年は植穴付近にオルトランを撒いて、トンネルで覆わず育ててみようと思っています。

これで本当に害虫予防はできるのかなぁ?

オルトランを撒いた場合、3週間くらいは間引いた大根葉は食べてはいけないそうなので、注意が必要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました