大玉トマトは最初の花に人工授粉してやらねばならぬ

スポンサーリンク
2019年5月21日㈫ 雨のち曇りのち晴れ
最高気温 21℃ 最低気温17℃

スポンサーリンク

大玉トマト人工授粉

買ってきた大玉トマトの苗を畑に植えてから2週間。
黄色いかわいらしい花が咲きました。

トマトの花

トマトは、ひとつの花の中に雄しべと雌しべがあります。
だから、ズッキーニなどとちがって、1人で勝手に受粉してくれるんですよね?

トマトの雄しべと雌しべ

実際、これまでトマトの受粉なんてやったことがなかったけれど、ちゃんと実はなっていたもんね。

ところが、トマトは一番最初に咲いた花が実をつけないと、茎や葉に栄養がいって「つるぼけ」になってしまうんですって!

知らなかったぁ!
家庭菜園は奥が深い。

ならばさっそく人工授粉をば!

トマトの花

耳かきの反対側についているホワホワの部分でやさしくなでてやればいいそうだけど、家にはそんなものはありません。

何か代用できるものはないかと探したところ、ただいま換羽期真っ最中のセキセイインコのソラの羽が落ちていました。

上記写真右側に移りこんでいるのが、ソラの羽。

トマトの花の中心部分を、ソラの羽でやさしくなでてやったけれど、こんなんでいいのだろうか。
すごいテキトーな人工授粉。

 

大玉トマト

だいぶ葉っぱが青々としてきた大玉トマト。
果たして第1花弁に実はつくでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました