とうもろこしのわき芽を伸ばすのはいいけれど

スポンサーリンク
2019年6月14日㈮ 晴れ
最高気温 25℃ 最低気温13℃

スポンサーリンク

とうもろこしのわき芽

種を直播きしたとうもろこしが、そこそこ育ってきました。

すると今度はわき芽が気になってしかたがない。

とうもろこしわき芽

根元から勢いよく飛び出したわき芽は、まるでホラ、アレみたい。

そうそう、組体操よ。

真ん中の人を軸に両脇の人が左右に開くように立つアレだ。

とうもろこし

とうもろこしのわき芽は、昔は欠いていたそうですが、最近はそのまま伸ばすのが主流みたい。

ひと株の葉がたくさんあることで、合成が活発になって穂が太くなるとか、根張りもよくなり、倒れにくくなるとか、そんな理由みたいです。

時代が変われば栽培方法も変わっていくのですね。

 

とうもろこしの葉

しかし、葉がワサワサ伸びることにより、いろんな害虫がつきやすくなるのも事実。

 

アブラムシ

むむむっ!

なんと、アブラムシのやつ!

きゅうりやかぼちゃだけではなく、とうもろこしの筋がたくさんあるような葉っぱも食べるのか!

わき芽はこのまま伸ばすことにしたけれど、油断大敵ですねぇ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました