【サニーレタス】間引きと環境によるちがい

スポンサーリンク
2020年5月26日(火) 晴れ
最高気温 20℃ 最低気温13℃

スポンサーリンク

サニーレタスの間引き

大根の隣にサニーレタスを植えていますが、大根の葉っぱと重なるようになってきたので間引きを行うことにしました。

2020年5月26日

黒マルチのひとつの穴に、種を5~6粒くらいまいて、発芽率は8割ほどでした。

 

2020年5月26日

2株ほど残して間引き。
サニーレタスは、急に大きくなるから、1株だけ残してもいいのにね。

最初のうちはもったいなくて、できないんですよねぇ。

 

2020年5月26日

間引き菜は、両手でこんもりのっかるくらい。
ベビーリーフとしていただきます。

スポンサーリンク

サニーレタス水耕栽培とのちがい

2020年5月26日

赤い葉っぱは間引いたサニーレタス。
緑色の葉っぱは、室内で水耕栽培で育てたサニーレタス。

どちらも同じ種ですが、環境のちがいでこんなにも差がでるんですね。

外でサニーレタスが収穫できるようになったので、水耕栽培はこれにていったん終了します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました