【大根】ネキリムシ対策にネキリエースをまいた

スポンサーリンク
2019年9月22日㈰ 晴れ
最高気温 21℃ 最低気温15℃

スポンサーリンク

大根ネキリムシ被害

本当にネキリムシというやつは、根や茎を切り倒す。

大根

だから、前の日生き生きとしていた大根の苗も、翌朝にはパタリと倒れている。

ネキリムシが潜んでいるのは、この場所の下。
でも土をほってみたけど、見つけられなかったんですよね。

 

ネキリエース

なので、ついに農薬を使うことにしました。

ネキリエースK。600g入り。
ホームセンターで777円で購入。

種まき後に株元に撒くだけで良いというもの。
ネキリムシやヨトウムシ、コオロギをおびき寄せて食べさせて退治するらしい。

 

ネキリエース

大根へ使えるのは1回だけ。
使用料は、1㎡あたり3g。

こういう書き方をされると、家庭菜園レベルの素人には適量がよくわからないのよね。

 

大根

なので、1か所に3株植えている大根の株元へは、4~5粒まいておきました。

 

ネキリエース

ちなみにネキリエースは、雨が降ると効果が半減するので、お天気の良い乾燥した土壌に、かつ夕方に撒くのがポイント。

土の中には混ぜないで、表面に散布します。

つまみ菜、間引き菜には散布しないというのは、ネキリエースをまいてすぐに食べるような野菜には使用しないってことなのでしょう。

農薬はなるべく使いたくないけれど、必要に合わせて最低限の量を使用していきたいと思いました。

大根

大根が思ったよりよく育ってきているので、ネキリムシにやられてなるものか!という欲が出てきました。

大根

しかし、この大根葉おいしそうだなぁ。

おっと、いけない、いけない。
ネキリエースをまいたら間引き菜は食べちゃいかんのだった・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました