【人参】秋蒔きは秋田では遅すぎた

2019年10月27日㈰ 晴れ時々曇り
最高気温 16℃ 最低気温12℃

スポンサーリンク

人参が大きくならない

9月に種を蒔いた人参が順調に発芽したまではよかったのですが、その後ちっとも大きくならない。

人参

芽が出て1か月が過ぎるというのに、ずーっと本葉が3~4枚のまま。

「人参は、温度適応性が幅広いため、1年中栽培が可能」なんていう情報を鵜呑みにし、喜び勇んで9月に種まきした私がバカでした。

 

人参

だって、ここは秋田。
10月中旬も過ぎて、最低気温が10℃以下になることも出てきました。

わかっていたことだけど、あらためてここは冷涼地なんだなぁ・・・ということを、かみしめています。

人参は本葉3~5枚の頃に10℃以下の低温に合うと、花芽ができてトウ立ちしてしまうそうな。

もはやトウ立ち決定だと思われますが、最後にちょっとだけジタバタしてみたい。

人参

というわけで、今頃になって不織布で覆ってみた。
遅いよねー。今頃。

でもなにもやらないよりは、とりあえずなにかしらやってみることに意義があるのだ。
この経験も、自分の肥やしとなるのだ。

春に人参の種を蒔いたのは5月のはじめ。
まだ気温が十分高くなる前だったので、発芽するまで1か月もかかりました。
そして、9月中旬の種まきは、一斉に発芽をしたけれど、そこから全然大きくなれない。

そんなことを考えると、秋田での人参の種まきは、6月下旬~7月頃が最適なんじゃないだろうか?

嗚呼~。
南の暖かい地域で家庭菜園をやりたいな・・・。

 

メインブログ 空と花の色 では、50代の生き方、暮らし方、楽しみ方について綴っています。

にんじん
スポンサーリンク
そらはなをフォローする
スポンサーリンク
空と花の家庭菜園ブログ

コメント

  1. りとるるびー より:

    私が思うに、7月上旬ころ蒔くと良いのではないかな。
    梅雨明けちょい前ね。
    人参の発芽には水が不可欠だから、梅雨が開ける前に発芽させちゃうの。
    素敵な人参が育つと思うよ。

    家だとこの時期の播種ではちょっと早い感じなの。
    冬が来る前に太りすぎるから。
    秋田ならきっと丁度良いはずと読んだわけね。

    来年リベンジしてね。
    人参は忘れずに石灰多めだよ。

    新鮮な秋冬人参のサラダ、甘くて美味しいわよ~。

    • そらはな より:

      りとるるびーさんへ♪
      おおお!
      梅雨を利用した栽培ですね。
      これはぜひともやってみたい!
      石灰多めで土づくりをします。
      ありがとうございます(#^^#)

  2. おはようございます。
    寒冷地と中間地との差が出たようですね。
    私は三重県その中でも冬の訪れが早い地域です。

    こちらの地域では夏蒔きニンジンの最終種蒔きは9月上旬までです。
    過去に何度かその時期に種蒔きしているけど、11月に入ると不織布さらに
    寒さが増すと穴あきビニールでトンネルしています。

    収穫は2月頃からですが大小様々ですね。
    それは長く圃場に置くためにあえて遅くに種蒔きしています。

    不織布のトンネルは大正解だと思いますよ。
    さらにその上にビニールの穴あきを被せると可成り肥大するはずです。

    私は真冬の1月でもニンジンの種蒔きして、その方法で発芽させて5月頃には
    収穫出来ています。
    最低気温そちらほど下がらないけど-6、7℃まで下がります。

    秋田でのニンジン種蒔きは8月初旬位なら防寒して収穫出来ると思います。

    寒さに当たるニンジンは甘くて美味しいですよ。

    • そらはな より:

      kazuちゃんさんへ♪
      自分の住んでいる地域の気候と野菜が育つ関係は、やはりやってみなければわからないことがたくさんありますね。
      不織布で覆った人参は、数日で少し大きくなったような気がします。
      だけど、秋田は雪が積もるんですよねぇ。
      トンネルも雪の重みでつぶれそうな気がしますが、あれこれもがいてみたいと思います。
      雪下人参っておいしいですよね。
      私も雪下人参が栽培できたら、最高なんだけどなぁ・・・。

タイトルとURLをコピーしました