【ラディッシュ】種まき 不織布のトンネル掛けのしかた

スポンサーリンク
2020年4月14日(火) 晴れ
最高気温 11℃ 最低気温2℃

スポンサーリンク

ラディッシュの種まき

ラディッシュの種を蒔きました。

はつか大根の種

この種も、昨年の秋に蒔こうと買ったもの。
だけど、なんだかんだで蒔くのをやめてしまったのです。

種の有効期限は、先月まで。
なのでギリギリなんとかなるかな。

 

ラディッシュの種まき

ラディッシュは、支柱で溝を作って1cmの深さに、1cm間隔で種まきをしました。

スポンサーリンク

不織布のトンネル掛け

ラディッシュは、水菜と同じ畝に蒔いたので、水菜を含め全体を不織布でトンネル掛けにしました。

不織布の両端

不織布の両端は、棒に結んでいます。

 

トンネルクリップ

トンネルの支柱の下は、クリップで押さえています。

 

シート押さえ

支柱と支柱の間の不織布が開きそうな場所は、シート押さえでとめています。

 

不織布トンネル

昨年は、不織布の下を全部土で覆っていたのですが、そうすると間引きや雑草取りなどの作業のたびに、土を寄せるのが大変でした。

とりあえず飛来する害虫を防ぐことができればいいので、今年はこんな感じでやってみようと思います。

 

畑の区画

水菜とラディッシュの畝の場所はここ。
後列真ん中です。

センターと最後尾にジャガイモがいます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました