ラディッシュの種の発芽の不思議

スポンサーリンク
2019年5月26日㈰ 晴れ
最高気温 27℃ 最低気温14℃

スポンサーリンク

ラディッシュの発芽

ラディッシュが発芽しました。

ラディッシュ発芽

いえ。別に発芽したことがめずらしいわけではありません。

種を蒔いたのは5月4日のこと。

つまり20日も経ってから発芽したのです。

まぁね、ラディッシュは別名二十日大根とも言いますから、二十日経ってからの発芽でもいいのですけどね。

もっとも、二十日というのは、収穫まで二十日って意味らしいんだけどね。

ラディッシュ発芽

しかも、5月4日に種を蒔いて、1週間で発芽したラディッシュもあるんですよ。

二十日大根

20日過ぎた今では、地面から赤い顔を覗かせるくらい大きくなったというのに、同じ日にちに同じ条件で種を蒔いた場所のラディッシュは、今頃発芽するなんて。

 

ラディッシュ

種の発芽の不思議です。

そういえば、ズッキーニもそうでした。

2週間以上たってから発芽したズッキーニ
2019年5月20日㈪ 晴れ 最高気温 27℃ 最低気温17℃

 

コメント

  1. でぶねこ より:

    種は一粒ずつ、生命力が違うのではないでしょうか^^
    同じ大きさや形でも、人間や動物にも生命力は個体で異なります。
    それは自然の不思議ですね♪
    だから育てるのも楽しい!
    観察することで自然と知識も増えていくので、植物だけでなく昆虫、鳥、天候なども、他の人よりも詳しくなります(笑
    何故そうなるのかを考えることって、人生を豊かにしてくれる最高の勉強だと思います!

    • そらはな より:

      でぶねこさんへ♪
      師匠!
      すばらしいお言葉です。
      「何故そうなるのかを考えることって、人生を豊かにしてくれる最高の勉強」
      そのとおりだと思います!

タイトルとURLをコピーしました