【ナス】ナメクジ駆除・追記

スポンサーリンク
2020年5月27日(水) 曇りのち雨
最高気温 18℃ 最低気温13℃

スポンサーリンク

ナメクジの貪欲さをみた

今朝、ナスを見るとやっぱり葉っぱの一部がかじられていて、昨日捕殺した1匹だけではなかったんだと判明。

しかし、時間がなくて何もせずに出勤しました。

2020年5月27日

 

夕方帰ってみると、ナスの株元に1匹のナメクジを発見。
他の株には見当たらなかったけれど、ツブツブのナメクジ駆除剤をパラパラとまきました。

すると!

右見て、左見て、ナスを見るわずか数秒の間に、ナメクジがツブツブをガツガツと貪り食っている姿にびっくり。

さらに、他の株元にもいつの間にかナメクジがいて、同じくツブツブを揺らしながら食べているではありませんか。

ナメクジをおびき寄せて、食べさせて駆除する薬で、ナメクジは人目につかない場所でお亡くなりになるというけれど、こんなにガッツいて食べたら、その場でお亡くなりにるんじゃ?と思うほど。

明日の朝が、ちょっと怖い・・・。

 

*追記

翌朝、ナスの周囲にはナメクジの姿を確認することはできませんでした。

本当に、人目のつかないところへ行ってお亡くなりになったんだろうか。
しかし、ナメクジにとっての人目につかない場所ってどこよ?
もしや、黒マルチの下か?

これ以上想像すると恐ろしいので、やめときます。

ただ、ナスの葉っぱの被害は広がっていませんでしたので、ナメクジ駆除の薬はとても効果があるということがわかりました。

 

コメント

  1. sumipi より:

    参考になりました。ナスはやられていないのですが、キャベツがやられています。
    やっぱり薬を使う以外にはないのですね。

    • そらはな より:

      sumipiさんへ♪
      こんにちは。
      自然の中で野菜を育てるということは、虫との闘いでもあり、上手に薬をつかっていくことも必要だと思うようになりました。
      無農薬にこだわるほど、徹底した管理もできないので、使い方をきちんと守って農薬は使っていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました