【オクラ】保温キャップを外したあとに・・・

スポンサーリンク
2020年6月21日(日) 晴れ
最高気温 23℃ 最低気温15℃

スポンサーリンク

オクラの保温キャップを外す

これまで大事に育ててきたオクラですが、ついに保温キャップを外す時がやってきました。

2020年6月20日

オクラの葉っぱが保温キャップの壁にあたるようになったからです。

 

2020年6月20日

朝日に喜ぶオクラたち。

もう気温も十分に暖かくなったから、これからは自分の力でがんばっておくれ。

 

2020年6月20日

苗って、十分に育つまではとにかく暖かい環境で育ててやることが大事だということを知った今年。

苗をしっかり育てることで、丈夫で健全な株となり、害虫や病気にも強くなれるんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

さっそくオクラに異変が

翌日。

2020年6月21日

私のかわいいオクラたちは元気かしら?

 

2020年6月21日

こっ、これはっ!!

 

2020年6月21日

どうしたのだ?
たった一晩で何があったのだ?

 

2020年6月21日

さらに、これはナンダ?

 

2020年6月21日

葉っぱがまだら模様に見えるんですけど、

いったいどうした?

真っ先に思い浮かんだのが、モザイク病。

でも、モザイク病ってそもそもアブラムシが媒介して伝染するんだよね?
今まで保温キャップに守られていたおかげで、アブラムシ1匹もついていないし!

2020年6月21日

新しい本葉も出てきているし、ちょっと様子見です。

 

2020年6月21日

保温キャップで過保護に育てると、いろんなものが気になるようになるものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました