【大根】秋大根の種をまく

スポンサーリンク
2021年8月17日㈫ 曇り時々晴れ
最高気温 27℃ 最低気温18℃

スポンサーリンク

大根種まき

お盆期間中は、肌寒いくらいだったけれど、本日は快適な気候。

数日後には、また暑くなるらしいので、今のうちに秋大根の種まきをしました。

畝を作った場所は、とうもろこしの跡地。

30cmくらい土を掘って、元肥を混ぜ込んでからの整地。

 

ネキリムシ対策に、ダイアジノンを散布。

 

種は【秋の彩り】トーホク交配。

 

苔土石灰やたい肥は使っていません。
化成肥料の元肥のみ。

昨年の秋に種まきした大根は、雪が積もって年を越しても畑にそのままにしていたけれど、スも入りませんでした。

今年も天然冷蔵庫に保管したいな。

 

種は一箇所に4粒蒔いて、適宜間引きしていきます。
収穫が一気に重ならないよう、1〜2週間後に再度種まきします。

発芽したら、不織布のトンネル掛けをして、暑さ&寒さ&害虫対策をします。
2年前にトンネル掛けせずに育てた大根は、バッタに食われまくって散々でした。

コメント

  1. 青い蛙 より:

    東北では8月初めに播種できるんですね。
    うちもお盆に播こうと思いましたが、雨で全く無理でした。
    そちらは雨は大丈夫のようで良かったです。

    • そらはな より:

      青い蛙さんへ♪
      南のほうの雨が早く落ち着くといいです。
      昨年は、7月に種をまいて、案の定大根は病気になりました。
      寒すぎてもダメだけど、暑すぎてもダメで、種まき時期を見極めるって大事なことなんですね。

タイトルとURLをコピーしました