キャベツの下葉を切除した

スポンサーリンク
2019年8月25日㈰ 晴れ
最高気温 25℃ 最低気温19℃

スポンサーリンク

キャベツの下葉

キャベツの結球部分に触ってみたら、ちゃんと固くなっていました。
すごいな。
ちゃんとキャベツの形になりつつある。

キャベツ

不勉強であまり手をかけていなかったキャベツなので、防虫ネットの中にモンシロチョウが飛び回っていたのを見た日には、驚いたのなんのって!

キャベツの防虫ネットの中でモンシロチョウを育てていた
2019年8月24日㈯ 晴れ 最高気温 26℃ 最低気温22℃

そこであらためてキャベツについてあれこれ調べてみると、地面についた下葉は切除したほうが良いということがわかりました。

 

キャベツ下葉

キャベツの葉っぱをめくってみると、なるほど、下葉は枯れてしかも虫食い状態。
そしてキャベツの下に隠れるように、地面の上にはセンチュウらしきものが潜んでいました。

下葉が地面にくっついているとナメクジやダンゴムシが寄ってくるんですよね。
株元は風通しを良くする必要があります。

 

キャベツ下葉切除

外側の下に垂れている葉で枯れているものを切除しました。

でもキャベツの下葉を切除するのは、本当は結球が始まる前なんだって!

葉物野菜を無農薬で育てるのって、難しいなぁ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました