ナスの肥料不足の兆候3つ

スポンサーリンク
2019年8月30日㈮ 曇り
最高気温 25℃ 最低気温20℃

スポンサーリンク

ナスの肥料不足

昨年育てたナスが、背丈も全然大きくならず、実もたいして収穫できなかったのは、肥料不足だったということが今になってわかってきました。。

ナスの肥料不足の兆候として、いくつかわかったこと。

長ナス

1.中段あたりのナスの葉っぱが黄色くなる

下段の葉っぱならば、役目を終えて枯れてきたというのが理由だけど、中段あたりの葉っぱが黄色くなるのは、明らかに肥料が届いてないってこと。

 

ナスの花

2.花の中央の雌しべが周囲の雄しべよりも小さい

写真は、ちゃんと雌しべが見えていますが、この雌しべが見えないときは肥料不足。

 

長ナス

3.葉っぱが全体的に小さくなってくる

以前よりも葉っぱが小さくなってきたと感じるときも、肥料不足が原因。

 

ナス

枝の切り戻し剪定をしたことで、ナスの葉っぱは生き生きしだしたし、花も咲くようになりました。

 

長ナス

そしてようやく実もつきはじめました。

一時は、このまま枯れてしまうのかとあきらめていたナスでしたが、これはもしや「嫁に食わせたくないほどのおいしいナス」が収穫できるのでは?

 

ナス

ナスって肥料も水も欲しがり屋さん。
私は固形肥料しか使ってこなかったのですが、液体肥料と組み合わせて使っていくほうが、素人ゆえに良かったのかもしれません。

来年の課題です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました