【マリーゴールド】じゃがいものコンパニオンプランツとして

2020年4月28日(火) 晴れ
最高気温 12℃ 最低気温3℃

スポンサーリンク

マリーゴールドの植え付け

マリーゴールドを買ってきました。

小さなポット苗が10株セットになって400円ほど。

 

ふつうのポット苗は、ひとつ90円ほど。
ひとつのポットに2株植えられています。
それを4ポット購入。

 

マリーゴールドは、ジャガイモの畝に沿って植えました。

スポンサーリンク

コンパニオンプランツとしてのマリーゴールド

コンパニオンプランツというのを、昨年初めて知りました。

近くに植えることで、お互いの作物に良い影響を与える組み合わせのことで、ジャガイモのコンパニオンプランツのひとつとして、マリーゴールドがあげられます。

マリーゴールドは、害虫を遠ざけ、根に被害を及ぼす線虫の防除効果があります。

野菜の苗と一緒にたくさんのマリーゴールドが売られているのも、そういうことだったんですね。

それまでは、マリーゴールドのドギツイ色がちょっと苦手だったのですが、コンパニオンプランツとしての役割があると知ったら、鮮やかなオレンジや黄色もかわいらしく見えるから不思議なものです。

 

発芽したばかりのジャガイモを、さりげなく近くで寄り添って見守るマリーゴールドって感じ。

 

もっとたくさんのマリーゴールドで囲ってあげればいいのでしょうけどね。

 

今年は、マリーゴールドのおかげで春先の殺風景な畑も、ちょっとだけ華やいで見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました