【きゅうり】もしかしてだけど斑点細菌病じゃないの?

スポンサーリンク
2020年8月23日(日) 晴れ
最高気温 28℃ 最低気温20℃

スポンサーリンク

きゅうりの葉っぱに病変

8月に入ってから、きゅうりの葉っぱにポツポツと病変が現れるようになりました。

2020年8月10日

最初はべと病だと思って、しかたがないとあきらめていたんです。
だって、今年は梅雨明け宣言が出されないままお盆を迎えたので、とにかく湿気がひどかった。
そりゃ、きゅうりも病気になるよね。

きゅうりはべと病になっても、病変した葉っぱを除去すれば、子づるからどんどん新しい葉っぱは出てきます。

収穫量は減るけれど、自宅で食べる分には多すぎるほど収穫できていたきゅうりなので、べと病でもしかたがないと思っていました。

スポンサーリンク

もしや斑点細菌病か?

しかし。

お盆が過ぎて梅雨明けしたかのような夏空に、あらためてきゅうりの葉っぱをよく見てみると、これはべと病じゃないんじゃないか?という疑問がわきあがってきました。

ネットを駆使して調べると、どうやらこれは斑点細菌病

2020年8月23日

初期は、べと病とよく似ていて区別がつきにくいというけれど、斑点細菌病の場合は、斑点が後に白く退色し、葉っぱが破れやすくなるんだって!

たしかに白くなって破れてる!!

 

2020年8月23日

この斑点が多くなると、葉っぱは巻きあがり枯れてしまうそうだけど・・・。

たしかに葉っぱが巻きあがってきている!!

 

2020年8月23日

斑点細菌病は、気温が25℃前後で最も発病しやすく、特に湿度が高い時は好条件。
つまり、8月の長雨により斑点細菌病が発病してしまったというわけですね・・・。

野菜もいろんな病気があって大変だ・・・。

きゅうり収穫記録

とりあえず病変した葉っぱは取り除きました。

そして、手元にあったダコニールを噴霧しておきました。

2020年8月23日

上のほうの葉っぱは、子づるや孫づるからのものなので、まだまだ元気です。

 

きゅうり栽培記録2020年
苗定植日

5月3日 2苗

5月12日 1苗

初収穫日6月23日
6月収穫数16本
7月収穫数51本
8月1日~23日までの収穫数68本
収穫累計135本

 

昨年は、きゅうりの最後の収穫が9月17日。
3株の収穫総数は200本でした。

2020年8月23日

今年も、もう少しがんばってもらいたいなぁ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました