【ブロッコリー】最初の花蕾をデカくしてしまった

スポンサーリンク
2020年10月13日(火) 晴れ
最高気温 19℃ 最低気温15℃

 

ボーっとしていたら、スティックセニョールがデカくなりすぎていました。

 

スポンサーリンク

スティックセニョールの摘芯

今年初めて育てたスティックセニョール。

花蕾が付いたので、今か今かと茎が伸びるのを待っていたけれど、一向に想像していたような形にはなりません。

2020年10月13日

おかしいな?

と、ここにきてようやくスティックセニョールの育て方をググっている時点で、時すでにおそし。

な、な、なんと!
スティックセニョールというやつは、頂上の花蕾が500円玉くらいの大きさになったら、摘芯しなければいけないですってぇ!!?

 

2020年10月13日

すでに500円玉が5個くらいになっている( ;∀;)

そうかぁ。
摘芯することで脇芽がどんどん伸びて、それが私が想像していたようなスティックセニョールになるんだったのですね。

スポンサーリンク

摘芯したら追肥を

スティックセニョールは、どんどん側枝が伸びるので、摘芯したら追肥が必要です。

また、切り口はよく乾燥させたほうが病気になりにくくなるというので、晴れた日に行うこと。

なんていうことも、今頃知りました。

デカくなりすぎた花蕾は、さっそく茹でていただいたけど、すごくおいしかった!
だから来年もスティックセニョールは育てたいなぁ。

脇芽にもこうご期待。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました