【トマト】5つの苗を定植

スポンサーリンク
2022年5月10日㈫ 晴れ
最高気温 17℃ 最低気温8℃

スポンサーリンク

トマト定植

今年は5つのトマトの苗を定植します。

事前に畝には透明マルチを敷いています。

 

ずっと避けていた大玉トマトにも挑戦してみようと、買ってきたのはサントリー本気野菜シリーズの大玉こいあじ。

 

そして、トーホク交配の大玉トマト甘九郎。

 

中玉トマトは、DCMブランドの極甘スイートトマト。
Mr.浅野のけっさくとか。

 

毎年必ず買っている中玉のフルーツトマト。

 

最後に、ミニトマトはサントリーのハニーイエロー。

 

トマトの定植は、一番花が咲き始めた頃が最適だというけれど、一番花が咲きそうなのは、ハニーイエローと甘九郎のみ。

でも、次の休日が晴れるとは限らないので、5つの苗を植えることにしました。

 

植穴には冠水してからの植え付けです。

 

以前、大玉トマトで大失敗をしてから、ずっと避けていたのですが、今年はちょっと育ててみる気になりました。

 

中玉トマトは比較的育てやすいので、毎年必ず栽培しています。

 

そして、今年はトマトと一緒にネギも混植しました。

 

トマトは、アブラムシ被害はあまりないのですが、テントウムシダマシは必ずやってきます。
果たしてネギの匂いは効果があるでしょうか。

 

支柱は、らせん支柱。
1本立てで育てる場合はとっても便利です。

 

らせん支柱は誘引も必要ないのですが、まだ苗が小さいうちは、下方を紐で誘引しておきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました