【ナス】苗の定植と保温

2020年5月3日(日) 晴れ時々曇り
最高気温 23℃ 最低気温14℃

 

スポンサーリンク

ナスの植え付け

苗をいかに丈夫に育てるかで、実の付き方が全然違ってくる・・・と聞いたので、定植する前に植え穴にオルトランを使うことにしました。

ひとつの植穴にオルトランは1~2g。

植穴にオルトランを入れて、土と混ぜ込みました。

これで苗の害虫被害が回避できるといいな。

 

植えたナスは長ナス。
とりあえず2苗。
様子をみて、もう1苗増やすかもしれません。

スポンサーリンク

苗を丈夫に育てるためのビニールキャップ

ナスの背丈が50cmを超えるようになるまでは、ビニールトンネルなどで保温したほうがいいよいうので、ポカポカキャップをかぶせました。

しかし、日中の最高気温が20℃を超えるような日は、中がものすごく蒸れてしまいます。

 

ビニールの上はちょっとだけ切れ目を入れて開けておきました。

昨年は苗の保温なんてまったくしていませんでしたから、今年はどう違いが出るか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました