【ナス】守り神と追肥の位置

スポンサーリンク
2020年6月23日(火) 晴れ
最高気温 25℃ 最低気温19℃

スポンサーリンク

ナスの生育状況

ナスを行灯で守って育ててきたおかげか、今年は順調に育っていてうれしい。

2020年6月23日

ナメクジやアブラムシも撃退し、なんとかここまできました。

 

2020年6月23日

昨日、じゃがいもの葉っぱで見つけたテントウムシには、ナスのほうへ移動してもらいました。
このナスには、オレンジ色のアブラムシが付くので、テントウムシに守っていただこうという作戦。

守り神に見えるテントウムシがかわいくてしかたがない。

 

2020年6月23日

さて、咲いた花をみたら、雄しべと雌しべの長さが同じくらいだったので、これは肥料が届いていない証拠かなぁ?

2日前に追肥をしたばかりなので、水をまきました。
これで肥料の吸収が高まるといいな。

 

2020年6月23日

ナスの根の先端は、葉っぱの先端の位置と同じくらいだというので、追肥もその位置へ施しました。

黒マルチをしているので、植え穴から手を突っ込んで肥料をパラパラと分散させたけれど、これだと水分が届かないから肥料も溶けださない?

黒マルチにカッターで細く切れ込みを入れて肥料をまこうか?
そうだ、今度はそうしてみよう。

試行錯誤はまだまだ続く。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました