【大根】黒マルチの良し悪し

スポンサーリンク
2020年11月18日(水)晴れ
最高気温 13℃ 最低気温3℃

 

今年の秋大根は、葉っぱの虫食いもなくきれいなままで保たれています。

スポンサーリンク

秋大根の害虫対策

昨年初めて育てた秋大根は、双葉が出たとたんネキリムシになぎ倒されました。
その後も、ヨトウムシやらアオムシやらに葉っぱを食べられ、最後は大根そのものもナメクジに食べられ、惨憺たる結果となりました。


2019年11月 大根

 

こうなった原因は明確です。
害虫対策をまったくしていなかったからです。

なので今年は種を蒔く前に、土壌表面にダイアジノンを散布しました。
さらに、防虫と防寒対策で不織布のトンネル掛けをして育てています。

 

おかげで、虫にやられることもなく元気に育っています。

昨年は、防寒対策にと黒マルチを敷いて大根を育てたのですが、案外これがいけなかったのかもしれない。
だって黒マルチの下は、ナメクジの格好の住処となっているんだもの。

これまでは比較的黒マルチ信者だったのですが、今年はなんだかそれも良し悪しだなぁ・・・・なんて思うようになりました。

 

黒マルチは、種を蒔いて芽が出て本葉がそろったら取り除いたほうが良いのかもしれないなぁ。

防寒対策をするなら、不織布のトンネル掛け、またはビニールで行灯型にしたほうが良いかもしれない。

今年はそんな気づきもありました。

試行錯誤は一生続く。

 

コメント

  1. 青い蛙 より:

    うちは関西なのでマルチ栽培は殆どしません。
    春の大根はマルチ+二重ビニールでの促成栽培だけします。
    こちらではマルチをすると特大の大根になってしまうので。
    マルチは土寄せがしにくいので、あまり使っていません。
    ジャガイモも土寄せで大きくなる作物なので特に。

    • そらはな より:

      青い蛙さんへ♪
      いいなぁー。暖かい地域が本当にうらやましいです。
      特に野菜を育てるようになってからは、つくづくそう思います。
      黒マルチで特大の大根ができるなんて、私にしてみればうらやましい限りです。
      でも、来年は黒マルチに頼らずにやってみようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました