結局わき芽を伸ばした大玉トマトが一番きれい

スポンサーリンク
2019年8月6日㈫ 晴れ
最高気温 31℃ 最低気温24℃

スポンサーリンク

美しい大玉トマト

3株植えた大玉トマトのうち、結局1番良い仕上がりになったのは、わき芽がどんどん出てきてそのままになったトマトでした。

大玉トマト

実がムキムキになることもなく、丸い美しいフォーム。
ヘタの部分もコルク化が広がらずきれい。

 

大玉トマト

葉っぱも、美しい緑色だし、どす黒くクルクルになったりしていないし。

 

大玉トマト

必死にわき芽欠きをして主軸を欠いてしまい、それが肥料過多となってしまったわけだけど、素人には大玉トマトを育てる加減というのが難しい。

肥料過多でマッチョなトマト
2019年7月25日㈭ 曇りのち晴れ 最高気温 29℃ 最低気温22℃

結局、なにもせずにわき芽を伸ばしたトマトが、一番という結果に・・・。

来年は、大玉トマトのわき芽3本仕立てにしてみようかなぁ。
なんてことも考えさせられた、今年の夏でした。

 

コメント

  1. kazuちゃん より:

    こんにちは~
    大玉トマトが綺麗ですね。
    トマトは前作の肥料が残っているだけでも
    結構暴れて、茎が太くなり葉っぱがカールします。

    何年やっても大玉は難しいです。
    わき芽を伸ばして草勢を落とした結果が出たようですね。

    このブログはサイトの保存(私のブログ)出来ないのでしょうか。

    • そらはな より:

      kazuちゃんさんへ♪
      まさか前作の肥料も影響するなんて、考えたこともありませんでした。
      たしか昨年は、この場所にナスを植えていたような気がします。
      家庭菜園ベテランの方々がよく「トマトが暴れる」という表現をしていますが、今年は私もその「暴れる」というのがよーくわかりました。
      本当にトマトって暴れるんですねぇ。
      ブログサイトの保存とは?どういう状態をさすのでしょうか?(^-^;
      ごめんなさい~。ブログをやっていながら、こういうのに疎くって・・・。

タイトルとURLをコピーしました